古書の処分に悩んだら?|置き場に困る古書は専門の業者に買取してもらおう!

古書の処分に悩んだら?

電卓を持っている男性

思い切って捨ててしまう、という方もいらっしゃるとは思いますが、大方の方はどこかの古書店に買い取ってもらえたら、書籍を処分できるし、多少なりともお金を回収できる、とお考えになるのではないでしょうか。 そんな時、近所に古書店があればよいのですが、書籍は重いものですし、何軒も回るとなると大変です。大量に書籍がある場合には、お店の人に家まで見積もりに来ていただくこともできますが、普通は来ていただくのに見合うだけの値がつくのだろうかとか考えて、なにかと敷居が高く躊躇われるものです。 その点、ネット上のお店で買取をしてもらえるならば、書籍のリストや大まかな価格を電話やメールでやり取りできますし、実際の書籍は宅配便で送れますので、貴方もお店も手間が省けて便利です。 そのため最近ではネットの古書店での買取が人気で、多くのお店があります。ネットで「古書買取」などで検索すればたくさんの店が見つかるでしょう。その中でそれぞれのお店の得意分野を見極めて自分の処分したい書籍の分野にあったお店を探しましょう。

買取金額は、書籍の状態や、市場での人気により大きな幅がありますが、大体において自分が買った価格よりかなり安くなります。 普通は「えっ」と思うくらい安い値になってしまうことは覚悟しておきましょう。また、販売されている古書の価格をみて、同じくらいに高く売れると思われる方もいるかもしれませんが、お店はその価格よりかなり安く仕入れなければ、経費をまかない利益を出すことができませんので、買取価格はだいぶ安くなります。 それでも、シリーズものを欠巻なく揃えていたり、人気の小説、漫画、写真集で新品同然の状態で帯が付いているもの、初版本などはある程度高く買い取ってもらえますし、一冊は安くても量があるとそれなりの金額になります。 これで、溜まった古書を処分できたうえに、ある程度の金額を回収できることになります。 古書の処分に悩んだら、まずネットで検索して納得のいく買取をしてもらえそうなお店を探し、トライしてみましょう。